読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲエムと微笑

微笑もてゲエム為す

ドラゴンクエストⅢ そして前説へ……

 

f:id:lovemoon:20160105132739j:plain

今から30年近く前、僕が小学校を卒業する1ヶ月半ばかり前のことだ。

卒業式が3月の何日だったかは、忘れてしまった。だが、この日は忘れようにも忘れられない。とにかく猛烈に寒い日だったように記憶している。あるいはぼたん雪が降っていたかもわからない。それは2月10日(木)。伝説的人気RPGドラゴンクエストⅢ そして伝説へ……』の発売日。

 

この日、間違いなく、クラスの大半の男子と僅かばかりの女子(いたのか?)はこのソフトのことしか考えていなかったはずだ。無論、僕も然り。だが、発売日にこのゲームを入手できた幸運な者はそう多くはなかったように記憶している。僕はと言えば、当時親しくしていた近所の小さなゲーム店の主人が取り置いてくれたおかげで(そして快く買い与えてくれた母親のおかげで)、発売日の晩にプレイすることができた。そうしてドラクエⅢとともに、小学校生活最後の1ヶ月を楽しみながら(闇に覆われたアレフガルドのような中学/高校生活のことなど予期せぬままに……)、無我夢中になってプレイした。日数は憶えていないが、卒業式までにはとっくにクリアしていたから、たぶん2週間前後といったところだろう。

 

さて、今日は『ドラクエⅢ』の内容について記すつもりはない。そりゃあ、ドラクエっ子だもの、思い出せることはたくさんさんさんあるし、ノスタルジックな語り口でレトロゲームについてあれやこれや語りまくるならドラクエⅢは絶対に外せないゲームだが、この当ブログはあくまで現役ゲーム好きの日々の所感/雑感を記していくつもりだからな。今んとこ。

では、なぜ「前説」を『ドラゴンクエストⅢ』から始めたのか?

理由はふたつある。

ひとつめ。

筆者がどのような出自の「ゲーム好き」かを知ってもらいたかったから。この時代にFC版ドラゴンクエストシリーズの洗礼を受けた者が書いているブログだということを、読んでくださる(とてもありがたい)方々に先ず知ってもらいたかったのです。

ふたつめ。

じつはこちらの方が筆者にとってはずっと重要なのだが——『ドラゴンクエストⅢ』をクリアした翌日、僕は或る思いを自分自身に、さらにクラス(6ー1)中の同級生に宣言した。以下、たぶん原宣言ママ。

「みんな、オレは、これから死ぬまで任天堂のゲーム(今後も任天堂ハードで供給され続けるに違いないゲームソフトの意)をやり続けるからなっ!」(残念ながら、拍手と歓声は響かなかった)

「死ぬまで『ドラゴンクエスト(シリーズ)』をやり続けるからなっ!」とは言わなかった。言わなかった自分を褒めてやりたい。結局、ドラクエはⅨまでしかやっていないから。

それに思い返してみれば、僕にとって『ドラゴンクエストⅢ』のみが、大人になってもゲームをやめんぞ、と誓わせる唯一無二のゲームだったわけではない。何しろ当時の僕にはナムコ(あの頃のナムコ!)があった。コナミ(あの頃のコナミ!)があった。カプコンカプコンは現在も良メーカーだと思う)があった。

そして言うまでもないことだが——親玉メーカー「任天堂」が君臨していた。思えば、僕は「ファミリーコンピュータ」という凄いハードを作ったばかりか、自社でも多くの素晴らしいゲームを供給してくれていた任天堂という会社に対して、忠誠(に近い心)を誓ったのだと思う。

 

そういうわけで、僕は小学校を卒業してからも、なんやかやありつつもどうにかこうにかテレビゲームなるものをプレイし続けてきた。スーパーファミコンはもちろん、大学生時代はプレイステーションセガサターンもずいぶんやった。初代ポケモンは相当にやりこんだ。そしてポケモンをやりまくったおかげで(せいで?)、大学卒業後は某出版社でN(ニンテンドー)64やポケモン(金・銀に)まつわる雑誌編集をさせてもらいながらゲームを続け、何本かのゲーム攻略本に携わり(あれはゲームをやめてしまいかねないくらい辛い時期だった……)、ゲーム攻略本作成稼業から足を洗ってからもゲームは止められず、PS2ドリームキャストゲームキューブWiiXbox360を購入し、折りみてはプレイし続けてきた。

そしてWii wareでDLした『ニックスクエスト』という横スクロールアクションゲームをプレイしていた明け方、部屋が大きく縦揺れした。東北大震災が起こった日のことだ。その瞬間、僕は「ギアガの大穴」に落ちた時のことを鮮烈に思い出した。ごごご、と地響きがして、ひゅうん、という音がした。翌日、世界はすっかり暗くなり、僕はアレフガルドのことを思った。不謹慎な物言いかもしれない。でも、本当のことだ。僕はGEOで『ドラゴンクエスト123』(Wii)を買い求め、FC版を一気にプレイした。

 

f:id:lovemoon:20160122002149j:plain

そして2016年現在、僕の机にはPS3WiiUが鎮座ましましている。12歳の時、ドラクエⅢクリア後に宣言した通り、僕は40歳になった今でもどうにかゲームをやり続けている。任天堂ハードは(据置き、携帯機含め)全て購入してきた。それについて誰が褒めてくれるわけでもないし、べつに褒めてもらおうと思っちゃいないが(むしろ眉をひそめる人の方がずっと多いだろう)、僕はこれからもゲームをやり続けるだろう。生きている限り。できる環境がある限り。そして、所感をここにつらつらと記せる限り。

 

最後に。当ブログはotagameさんという方の『腐れゲー道』というゲームブログに強く鼓舞され、始めました。

昨年、ゲームについて何かしら記す媒体を作ろうと思い、このブログを作ってはみたものの、長いこと最初の一歩を踏み出す足を踏んでいたのですが、この『腐れゲー道』を偶然読んだことが僕の背中を強く押してくれました。otaさんに感謝。

このブログ、本当に読ませます。著者の力強い文章力と、長年付き合ってきたであろうゲーム(なるもの)に対する真っすぐ、かつ屈折した(すみません)、なんだろう……そう簡単にはまとめられない思いが各ゲーム感想文にびしびしと顕れています。君も絶対読むべし。